ページ
先頭へ

身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)

身体醜形障害(body dysmorphic disorder ; BDD)とは

「一つまたはそれ以上の外見上の欠陥や欠点にとらわれるが、それは他人には認識できないかできても些細なものに見える。そのとらわれに対し、繰り返し行動や精神的行為などで無駄に時間を費やし、社会的機能障害を引き起こす」と定義されています。

※定義の参考は 【日本精神神経学会:DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル】  医学書院,東京,2014

身体醜形障害(BDD)に多いタイプ

  • 完璧主義、妥協しない
  • 負けず嫌い
  • 頑固
  • 周囲からの肯定的な意見や評価(綺麗ですね、格好いいですね、全然気にならないなど) を受け入れることができない
  • 自己評価や自己肯定が著しく低い

*このような性格が原因で、誰にも相談できず1人で悩んでしまう、また身内や友人に相談して「大丈夫気にならない」と言われても、納得できないか『自分のことを傷つけないようにしているだけだ、励ましているだけだ』と否定的に捉えてしまう

  • 容姿が整っている(綺麗な人やイケメンに多い)
  • 学術にたけている

身体醜形障害(BDD)の原因

  • 幼少時に容姿について、家族や友人から言われたネガティブな言葉・表現
  • 幼少期から親の愛着を受けておらず、安心して過ごせる環境がなかった
  • 幼少期の母子関係で母親との関係が上手くいっていない場合、あるいは母親との関係は上手くいっていたが、母親への憧れが強く、自分と比較してしまった
  • 兄弟・姉妹などに容姿が綺麗あるいは頭脳明晰な人物がいて、身内を含め他者から比較された経緯がある

身体醜形障害(BDD)の特徴的行動(確認行動・反復行動)

  • 繰り返し鏡をみる
  • ネット検索を繰り返す
  • 写真を撮る(自撮り)
  • ドクターショッピングを繰り返す
  • 他者が自分の気にしている部分を見ている気がして、マスクを外すことができない
  • 費用や労力をおしまない(遠方からでも受診する)傾向がある

*家の鍵や窓を閉めたかどうか不安になり、何度も確認するような強迫症状の一種である

身体醜形障害(BDD)の特徴的行動(確認行動・反復行動)

  • 繰り返し鏡をみる
  • ネット検索を繰り返す
  • 写真を撮る(自撮り)
  • ドクターショッピングを繰り返す
  • 他者が自分の気にしている部分を見ている気がして、マスクを外すことができない
  • 費用や労力をおしまない(遠方からでも受診する)傾向がある

*家の鍵や窓を閉めたかどうか不安になり、何度も確認するような強迫症状の一種である

身体醜形障害(BDD)に安易な判断で治療に踏み切ると危ない

  • 手術に完璧を求めるあまり、満足できずに繰り返してしまう
  • 世界的スーパースターだったマイケル・◯ャクソンは、鼻の整形を繰り返し、一時期は形態がとても綺麗な時期があったにもかかわらず、満足できず完璧を求めるために整形を繰り返し、結果的に鼻の形態が悪くなってしまった
  • 手術を繰り返すために出費が増えてしまう

*「綺麗になるよ!」という言葉を信用し、高い手術費を払い鴨葱になってしまう

身体醜形障害(BDD)の症状を改善するためには

  • 諦めるのではなく、自己を受け入れ安心できる環境に身を置くことが大切である
  • 鏡をみる回数を減らす、自撮りやネット検索を控える

*特にネット検索では、SNSなどでタイムラインに流れてくるモデルさんや女優さん(国籍を問わず)の画像を取り込む方が多く、その顔に憧れをもつまではよいが、自分もそのようになれると思ってしまうので注意が必要である

  • 複数回カウンセリングを行い手術を行う

*当院では院長が診察し、身体醜形障害(BDD)の症状が強いと判断した場合は、後日身内あるいは親友など、未成年でなくても第三者を連れてカウンセリングを受けてもらい、医師・本人・第三者が納得した場合のみ行います

  • 手術は“自分の思い描いていた通りの結果になる”と過剰に期待せず、合併症やリスクが存在することも理解しておくことであり、治療結果に少しでも余裕をもっておくとよい
  • 重傷の場合は、薬物療法(選択的セロトニン再取り込み阻害剤selective serotonin reuptake inhibitors ; SSRI)

*薬物療法は心療内科・精神科医の受診が必要になります。受診は推奨しますが、依存する傾向があるので内服は重症でない限り、おすすめしません

まとめ

身体醜形障害(BDD)は、周囲の人々にその症状が理解されにくく、誰にも相談できず一人で悩んでいる方が意外に多いのです。その原因は、幼少期に愛着を受けることができずに育ったために、安心して自分の身をおく環境がなくなったことが考えられます。それが結果的に自己評価や自己肯定が低くなり、自分の容姿を常に否定的に見るようなります。そのため美容外科クリニックを受診し、手術を受けることで満足感や達成感を得ようとします。
信じがたいことですが、身体醜形障害(BDD)のことを知らない医師も多く、診断もせずに手術を行った結果、身体醜形障害(BDD)の症状を悪化させてしまうケースも多く散見されます。近年はSNSが普及し、自分の憧れや理想の顔(目や鼻など)の写真が簡単に手にはいる時代になりました。そのため理想は膨らみ、理想の顔と自分自身の顔とのギャップ(皮膚の厚さ、柔らかさ、形などは各々違う)がわからなくなり、手術をしても満足が得られないため美容形成を繰り返してしまいます。
美容外科手術で100点や完璧を求める手段とし捉えるのではなく、今の自分を受け入れつつ、より良くしていくことに視点を変えていくと良いと思います。

ヒルズ美容クリニック 院長 丸山成一